4/16(火)

こんにちは。お元気ですか?
すっかり桜の頃も終わり<ハナミズキ>が可憐な白い花を咲かせています。
<ツツジ>の次には<新緑の頃>です。

私は変わりなく平穏に暮らしています。
パートを辞め「桜を楽しんでからまた動き出そう」と・・・そろそろ「やりますか」って感じです。
なかなか予約の取れない<日帰りバスツアー>が予約できたり、ご贔屓の<落語さん>の独演会のチケットを取ったり・・・良くない年回りとされ、ジ~ッとしていた2年間が明けたからか季節と同じく私も<芽吹く>みたいです。

お天気が良くて気持ちが清々とします。<お日さま>ってホントにありがたいです。
今日が良い日でありますように・・・お仕事頑張ってください。
Diaryを開いてくださり心から<ありがとう>ございます。
では、またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年4月16日.

4/6(土)

こんにちは。花曇りの午後です。
今日はお花見でしょうか?
私は今日、明日は自宅<おこもり>です。何処に行っても混みこみかと・・・。

昨日は楽しく発見の日となりました。お昼前から夕刻まで<おひとり様>行動。
久しぶりに行きたいレストランへ。番町・麹町界隈へ。ここ大好き。荒らされていないから。インバウンドとは遭遇しない。
たまに食べたくなる<シーフードドリア>。もうホワイトソースを自分で仕込むことは止めたからお口を持って行く。<サラダ・スープ・ボリューミーなティラミス>が付く。コーヒーは別注文。夢のよう・・・<なんとなく幸せ>ではなく美味しいものは<たまらなく幸せ>を私にくれる。大満足!お店を出ると<上の紀尾井町>に行くか<下の市ヶ谷>に行くか考えた。
私は<都バスの定期>を持ち、日々の暮らしの中で自転車変わりに<都バス>に乗っている。ほゞ<東京ド真ん中>を走る路線図を脳が覚えている。「靖国神社の<ソメイヨシノの標準木>が見てみたい!」と脳が言った。多くの人は<市ヶ谷>から歩くけれど私は3停留所?をバスに乗る。<靖国神社前>に連れて行ってくれるからホント便利。人・人だろうと思いきや寒かったからか空いていました。外国人観光客の団体もいません。桜は見事でしたが・・・<標準僕のソメイヨシノ>を見たことがありますか?
木は大きくはないけれど綺麗なの。ピカ一の美しさ。花びらの<白>が違う。柵で囲われていて大切に手入れが成されてきたのだろう。スマホの写真には人が写り込んでいない。なにせ25年以上ぶりの<靖国神社>・・・敷地の広さを初めて知った。
奥の奥には<神池庭園>というのがある。小さく落ちる滝があり、池には丸々と太った立派な<錦鯉>が泳いでいる。池の周りを歩くこともできる。100円で餌を買い、鯉にあげることもできる。ガラ空きだったから<餌>を買い池に投げてみた。
ベンチに座り、のんびりとした時間のなか数人に<line>を送った。<標準木>には<この立札>が写っているから庭園の写真を3枚送ると「何処にいる?」と返って来た。<今日の私は<お上りさん> 靖国神社>と綴り<標準木>の写真を送った。靖国神社に居る私に驚いていた。そして、私にとって<ここ>はありだ。素晴らしい所になった。<御霊祭り>の縁日で呑んだくれていた25年前の私に言った。「お馬鹿さんでしたね」って。

帰りはバスには乗らず<靖国通り>を入った裏通りを歩いた。静かな通りには飲食店がたくさん点在しているのにビックリ。
フレンチ・イタリアン・割烹・鰻と洒落ていたり、趣ある佇まいだったり<九段下>を制覇してみたいなてワクワク。
そうだ「<外濠の桜>にも行ってみよう」と<一口坂>を下った。綺麗!
<市ヶ谷>からまたバス。<防衛省の正門><市ヶ谷駐屯地>の桜を車窓から眺めた。ホント綺麗。

で、バスを乗り継ぎ帰宅。も~ 桜はいい と思うなかれ、<紀尾井町>界隈が残っている。

私の<お花見>ってホント安上がりでしょう?でも、最高よ!

では、素敵な休日をお過ごしください。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年4月6日.

4/4(木)

こんばんは。お仕事お疲れ様です。
お元気ですか?

今日は東京の桜の満開宣言!が出ました。桜を感じていますか?
自宅界隈は<ソメイヨシノ>が綺麗です。<お茶の水女子大>の入学式・・・満開で良かった。 
私はこの3日は近所で何気にお花見が出来ています。お買い物ついでに<小石川の播磨坂>、<江戸川橋の江戸川公園>。
日を変えて朝早くに<上野恩賜公園>にお散歩。池の周りを歩きました。テレビで見るような光景はありません。静かでした。「<上野恩賜公園>と<上野公園>は違うの?」と問うても明確な答えは返ってはこない。調べてみたら答えは<同じ>でした。
今朝は昨年、初めて桜を見に行き「京都に行かずも、ここで十分」と思った<護国寺>へ。静かでした。
なんだか・・・もう十分って感じですが、明日は<孤独のグルメランチ>予定。レストラン近くは桜が綺麗なのでお散歩して来ます。

昨日は<台湾>で大地震がありました。日本では元日に<能登半島地震>・・・最近では青森でも大きいのがあり、関東でも小さいのが頻繁にあります。今年の<辰>は自然災害が多いらしい・・・私は、昨年に<算命学のN先生>から聞いていた。
<関東大震災>から100年・・・東京にいつ大地震が来ても可笑しくはない。あなたは何か準備はしていますか?

週末の明日は気温が下がり、夕刻からは雨みたいです。<お花見>は土・日がお勧めとテレビが言っています。
どこも人出が凄そうですね。

楽しい週末をお過ごしください。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年4月4日.

4/2(火)

こんにちは。お仕事お疲れ様です。
4月になりました。日の経つのが早いです。
桜の見頃、満開はこの週末でしょうか・・・楽しみね。

3/31(日)は<目白台>にお散歩に出かけた。
ガーデニングのお花や観葉植物が売られている<音葉>へ。
いつも思うのよ。「お庭やバルコニーをお花で飾る人達って多いんだな」って。「気持ちの豊かさって大事だな」って。
今回はお花を愛でてお終い。
続きで<東京カテドラル教会>へ。信者ではないけれど時々、行きたくなる。あの建築は素晴らしい・・・。
いつもは静かでガラ~ンとした大きな教会内がね、<イースター>の日だったのね。信者の方でいっぱい。
私、初めて<礼拝>を見ました。なんか感動しました。
で、桜のない<肥後細川庭園>へ。貸切状態。歩きながら「この数か月、こんな時間は無かった」と思った。
<目白>に向かう<目白通り>も学校が多い。<学習院大学>を初め<日本女子大><川村学園>・・・満開を迎えたら見事だ。
で、いつもの<甘味処>で<クリームあんみつ>。

昨日は月初のルーティンで赤坂<日枝神社>へ。赤坂の街を歩いた。毎月、行っているのに街がこんなにも変わろうとしていることに愕然とした。赤坂は変わる。あのゴチャゴチャした区域は置き去りのまま。
赤坂を出て、行きつけの<焼肉屋さん>へ。夢のように美味!良い<カルビ>と<ロース>があればご機嫌だ。

昭和の歌謡曲に ♬なんとなく なんとなく なんとなく しあわせ♪ というのがある。

パートを辞めてからの私は、気が付くと声にしている。

明日からまた雨模様みたいです。三寒四温・・・お身体にお気をつけてお過ごしください。
またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年4月2日.

3/30(土)

こんにちは。久しぶりの良いお天気です。週末、如何お過ごしですか?
昨日、やっと東京の<桜 開花宣言>が出ましたね。まだ数輪というのに人は何故に名所に赴くのでしょう・・・不思議。
入学式には満開にしてあげたいですね。

老舗の製薬会社のサプリ問題で社会がザワザワしています。
私の<文京区〇〇推進員>は<消費者庁>の管轄です。講習会でも<保健機能食品>について講義があり、試験勉強でも「あ~ 面倒くさい」と思いながら<特定保健用食品(トクホ)><栄養機能食品><機能性表示食品>に関することを全て覚えました。
<薬は飲まない><サプリも飲まない>と決めている私には正直、無関心なことでしたが、今はコメンテーターとして専門家が話すことがよく理解できます。考え方は人其々ですが、私はこれからもサプリは摂らない。健康診断で全てが標準値内であるよう日々の食事を気をつけ、エクササイズ代わりに働く。<お家ご飯>は冷凍食品は使わない。コンビニ弁当も食べない。要は<原材料表示>が何行にも渡ってコマコマと書かれているものは手に取らない。数か月前から口にしている<シリアル>は<糖質>が高い。
<一合カップの9分目>が目安と書かれている。続けるか否か考え中。

あっ お気づきでしょうか・・・Diaryにお仕事<パート>のことが綴られないことを。
4ヶ月が経ち、4月を前に辞めました。新しいポジションになる前にね。
他店に研修にも行きました。皆さん良い方ばかりで、嫌なことは何もありません。時給も福利厚生も申し分なし。
店長からは何度も引き止めて頂き、退職届に捺印しても「まだ受理していません。考えは変わりませんか?」と・・・。このDiaryは私の<老後のお楽しみ>ということは依然から綴っています。「あ~ あの時は、こんなことがあったのね」って。私の軌跡なのね。

理由はね。他店の研修で分かったこと。他店には<お客様の声BOX>があり、私の居る店舗には<これ>がない。
このBOXに入るお客様の声のほとんどは<接客の良し悪し>だ。<〇〇商品を置いて欲しい>なんて声はあって無いようなものだ。
<これ>が無いことを知った私は愕然とした。そこに追いうちをかける出来事があった。自分で言うのもなんですが、私はお客様から接客の良さを褒めて頂くことが多かったが、私はそのことを店長や副店長に自分から伝えることをしない。ある時、30代の男性社員の隣で私はお客様から<お褒めの言葉>を頂いた。お客様は社員にも「この方の接客はいつも素晴らしい」と投げかけてくれた。その社員はね、一言も言葉を発することはなく笑っているだけだった。その時・・・「こいつ 馬鹿じゃないの」と脳が言っちゃった。「こいつは 口のきき方を知らないんだ」って。嘘でも「有難いお言葉を頂戴し、ありがとうございます。上の者に伝え、従業員一同で共有させて頂きます。またのご来店をお待ちしております」とか言えないないのかってガッカリ。そして案の定、社員がこのお客様の声を<上>にあげることはなかった。この時にね「<お客様ご案内係り>は聞こえは良い。でも私の努力や頑張りは<ここ>では何の意味もなさないんだ」ってモチベーションが下がった・・・下がったのではなく無くなった。<BOX>があればまた違ったかもしれない。店長から「辞める理由は何ですか?」と聞かれ私は「研修先にはBOXがありましたが、こちらには無い。その理由はなんですか?」と聞き返した。答えは「〇〇商品を置いてくださいという投書があると、置かない理由を貼らないとならない」と言う。<終わった>と私の脳が静かに言った。そして最後と思い<この店舗で私ができたこと。結果、利益をあげられたであろうこと>を伝え「残念ですが」と席を立った。なのに何度も引き止められた。「この人、わからないんだ」って可笑しくなった。そして私が辞めると、もう1人の<案内係り>が<週5>で働けると思ったから。彼女は週5で働きたいのに私が先に採用され<週4>を獲得しちゃったから<週3>しか働けず・・・同じ歳の彼女の希望を知っちゃったから。

まっ 善しとします。満開の桜を楽しみ、またエクササイズを探します。

私?良い感じです。<経験は宝なり> 見たことのない世界を見せて頂きました。

では、楽しい休日をお過ごしくださいませ。
またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年3月30日.

3/25(月)

こんばんは。今日も雨の一日でした。桜の開花が一日いちにちと遅れています。
お仕事お疲れ様です。

私は2ヶ月毎の<歯医者さん>。定期健診とクリーニングに行って来ました。
2ヶ月毎に行く必要はないのよ・・・虫歯も知覚過敏も歯槽膿漏もない。歯垢も汚れも歯磨きとフロスをやっていればあるはずもないのよ。でも、食いしん坊の私には<歯は大事>。先生が「また2ヶ月したら、見せてください」て言うから。今日も無料。

そうそう、<ゴロゴロ鳥唐揚げ>を先週、食べ損ないました。供されたのは<油淋鶏>でした。
リベンジは<お家ご飯>で。デパートで<唐揚げ><アジフライ><海老フライ>を買い<ミックスフライ>にして、<春きゃべつの千切り>に<お豆腐とワカメの赤出汁><香物><大根と人参のおなます>を<一人膳の盆>に並べた。
「きゃべつ、ご飯、お味噌汁はおかわりできますので、仰ってください」と言葉を添えて。十分に満足できました。

今日は、数日前にテレビで<ドミノピザ>の商品をピザ職人がジャッジするのを見てからピザが頭から離れず・・・歯科の帰りに某レストランの<ビュッフェ>に寄り、ピザをはじめイタリアンを好きなだけ頂きました。

あっ 土曜日の<彼岸明け>の翌日は母の月命日。この日を待ってお墓参りを済ませました。

今朝のワイドショーでは<通訳の学歴詐称>が取り上げられていた。
私ね 10年前に<嘘つきは泥棒のはじまり>という<ことわざ>を真剣に考えたことがある。
<この並びが正しいのか>・・・逆の<泥棒は嘘つきのはじまり>が正しいのかを考えた。
この諺の意味はご存じの通りだ。「平気で嘘をつくようになると、盗みも平気でするようになる。嘘をつくのは悪への道に入る第一歩である」だ。

10年前・・・私は母を突然亡くした。そこから<遺産争続>が始まった。
恥ずかしながら・・・初めてDiaryに綴る。母の預貯金の全てを父は自分の懐に入れた。それも母が意識不明で救急搬送された日の午後から死ぬまでの間にせっせと銀行に通ってだ。私は父の言動のおかしさを悟り、自分の身を守る為に一人で弁護士を立てた。法の下では全てが明らかにされ、私は守られるからだ。私は父が母の預貯金をオープンにしてくれていたら「年を取ってお金がないのは寂しいものだから、パパが持っていれば良い」って言うつもりだった。なのに父はコソコソと母が生死を彷徨っている時に銀行通い。定期預金まで解約する有様だ。いまはね・・・笑えるわよ。でもその時は正義感の強い私は許せなかった。
父の悪態は<調停>で明らかとなった。次は父の<嘘ばかり劇場>が始まった。最初は私に付いていた<姉>は父に付いた。
損得勘定で動き、欲深い彼女は父に寝返った。姉はもともと<嘘つき>だった。<不倫>していたから。家族に嘘をついて出かけるわけだ。母の高価な遺品の全てを「そんなものはない」と言ってきた。全てが2人の懐に入った。

この時に姉には<嘘つきって泥棒になるんだ>って。父には<泥棒は嘘が平気でつけるんだ>って思ったわけ。人は<お金>が絡むと変わる。豹変するのよ。人の欲には限りがないからね。

<学歴詐称>が本当なら、やっぱり<嘘つきは泥棒のはじまり>が正しいのかな・・・。
明日は<大谷さん>が取材に応じるらしい。

では、またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年3月25日.

3/23(土)

こんにちは。雨が降ったりやんだりの冷たいお昼過ぎです。
暖かくしていますか?

私は、お野菜いっぱい塩味の<五目あん焼きそば>を頂きPCに向かっています。
今日も良い塩梅に<あん>ができ、何時もながらに「私って天才じゃない?」と声にしました。
お夕食の準備も万端です。<豚の生姜焼き>を仕込み、<丸干しいわしのマリネ>も寝かせています。

昨日は<お茶の水女子大>の卒業式でした。バルコニーから<ハレの日>に相応しい袴姿のたくさんの女の子達がお行儀よく<国旗>が掲げられた校門での写真撮影の為に長い列を作っていました。「良い人生であれ」と小さく声にしていました。
4月は<入学式>で華やぎます。花や緑の自然からだけでなく年中行事でも季節を感じられる我が家です。

三日前からワイドショーやニュースが降って湧いた<まさか>ということでザワザワしています。
<7億>近いお金をギャンブルですり、その損失を隠密裏に他人のお金でうめたというスキャンダル。
まさに<欲を出した時、人は必ず失敗する>です。<罪を犯した人間の運命は優しくない>。
誰かが言った。「自分の身の丈を知る。人の持っているものを欲しがらない。人を羨ましがらない。その時の自分の身の丈に合ったことをしていれば良い。分不相応のことを望むから犯罪に走ったりする」。私の手帳に書き留められている3つだ。

亡き母は私に<身の丈に合ったことをしなさい>と教えた。私はこの教えを守り続けている。
この教えの続きには<見栄を張らず 胸を張って生きる人になりなさい>がある。

コメンテーターが「大谷さんのメンタルが心配です」と言う。<大谷さん>のメンタルは大丈夫だと私は思っている。
<やわ>じゃない。あなたが<大谷さん>の立場だったら・・・どうします?
私だったら綺麗ごとではなく・・・悔しさや憤りがあっても「退職金代わりだ」と返済は求めない。一生で使い切れないだけのお金はあるから。<通訳だった男>には地獄のような人生しかないのだから。それで良いじゃないと答えを出す。今は<許す>ことはできないけれど、たくさんの時間の経過のあとに<許せる>時が必ずやって来ると自分に言い聞かせる。<人を許せることは強さの証である。弱い者は人を許すことができない>・・・<ガンジー>の言葉だ。

でもさぁ 大それたことを仕出かしたね。
<ギャンブル依存症>・・・<病気>。<気が病んでいる>人には何を言っても仕方がない・・・これもホント。

あっ 薄日が差して来ましたよ。週末の良い時間をお過ごしください。
では、またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年3月23日.

3/20(水)春分の日

こんばんは。祝日の夕刻、如何お過ごしですか?
午後からお天気が荒れる予報でしたが、薄日が差しています。
ラジオ<スカイロケットカンパニー>を聴きながらDiaryを更新しています。

近所に学校の多い我が家・・・ここ数日は<卒業式・卒園式>で華やいでいます。
春の<お彼岸>もお中日。お墓参りには行きましたか?
私は<彼岸の入り>前にお掃除に行き、<彼岸の開け>までには済ませたいと思っています。
母に話したいこと伝えたいこともありますから。

神社仏閣も多い地域なので桜も待ち遠しいです。
<桜祭り>がある<播磨坂>には<ぼんぼり>がぶら下げられています。
その前に<講談社>のエントランスの<モクレン>が満開・・・これを愛でると<春近し>と感じます。

月曜日 なんだか<鳥のから揚げ>が無性に食べたくなった。自宅で<鶏肉>を頂く習慣はない。
「そうだ あの中国料理店にあったはず」と行きつけのお店に出かけた。
ランチメニューには確かに<鳥の唐揚げ 甘酢あんがけ>とある。「<甘酢あん>はかけずに別にお願いします」と注文。ゴロゴロした唐揚げにワクワクした。「お待たせ致しました」と供された品に「えっ こちら 鳥の唐揚げですか?」と聞いた。
「はい 油淋鶏になります」と言うじゃない。確かに衣が付いている・・・でも、私が欲しかったゴロゴロじゃない。
もうガックシ。私の脳が「メニューに偽りあり」と叫んだが仕方がない。前のテーブルの女性が「これ 唐揚げ? 油淋鶏じゃない。なぁ~んだ」と期待を裏切られた声を仲間に向けていた。同じ思いの人がいた。
まっ 美味しかったから善しとしましたが、ますます<鳥の唐揚げ>が恋しくなった。

私のランチ<孤独のグルメ>は不発に終わった。確実な次のお店の候補は2件。大丈夫!

マンボーヤシロさんが<虹の出ている所が多いみたいです>と話しています。

明日からのお仕事、頑張ってください。
Diaryを開いてくださり心から<ありがとう>ございます。とても嬉しいです。

では、またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年3月20日.

3/15(金)

こんばんは。お仕事お疲れ様です。
お元気ですか?
今日は春めいた陽気でしたね。都内の桜も来週には開花みたいです。

私は元気にしております。
今週はパートに加え<区の〇〇推進員>のお仕事もあり、ちょっぴりお疲れかも・・・。

今日は<大谷選手>の<奥様>がメディアに初登場されました。
綺麗な方でした。絵になるお二人だなって思いました。
オープンにしちゃった方が良い・・・<隠す><見せない><話さない>と人は異常に詮索するからね。

私なんか何でもオープン。あっ 根ほりはほり聞きたがる奴には喋らないですけど。「うるさい」って言う。
パート先のバックヤードには社員以下、勤務者全員の顔写真付自己紹介が掲げられている。
生年月日は任意・・・年齢は( 歳・秘密)と選べる。女性の多くは<秘密>に〇が付けられている。
私は<さぁ どうする?>と考え・・・潔く記入することにした。隠すこともない。
ただ(60歳)ではなく<60ct>と書きました。なんだか「さすがです」「カッコイイ」とお声がけが・・・。
「60キャラのダイアモンドはお高いわよ!45キャラ?まだまだね」と言葉遊びで返しています。

3月11日 東日本大震災 から13年。私の<生き方>を変えた経験だった。
津波の映像を見て、津波にのまれ命を落とした沢山の人がいると知り・・・「行って来ます」と家を出て、「じゃあ また明日ね」と手を振り別れた人が居なくなる・・・人の<明日>は、人の数時間後はわからない。なにがあるかわからないのだ。
誰が自分が津波にのまれ命を落とすと思っていただろう。

「人の明日はわからない。明日、死んでも悔いなし」という生き方をしょう って思った。

私は、前日にケラケラと笑い楽しくお喋りしていた母が明朝には意識不明の重体で救急搬送され、意識が戻らないまま一週間後に死んだという経験をしている。だから、なおのことこの思いが強い。
でもね、人は・・・私は<思い>をわかりながら流して時を過ごすことがある。愚かだ。

いま一度、<生き方>を考えてみようと思う。

では、またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年3月15日.

3/8(金)

こんにちは。間もなく10時になります。
まだ、ちょっぴり雪が舞っています。夜が明けた朝の雪は綺麗でした。
私はお休みなので呑気なことを言えますが、通勤は大変でしたね。大丈夫でしたか?

ここのところお仕事がお休みの日は雨だったり雪だったりで自宅<おこもり>ばかりです。
今日は、週に一度の<プチ大掃除>の日。日々のお掃除に加え、コマコマしたところを<乾拭き>します。
今日の<やるべき>が終わっちゃいました。書き出したメモは赤ペンで✕マーク。発注した<お化粧品>の到着を待つのみ。

お昼食は寒いので<カレー蕎麦>にします。あなたのLunchはなんですか?

あ~ 何をしましょうか・・・。雨上がりの午後は<ブクロ>のデパートにでも行こうかな。
陽射しの無い日のお休みはノーメークです。<キャップ帽>にマスクでね。還暦で図々しいですが<磨き>ましたから・・・。

また夕刻から雨模様予報。どうぞお帰り、お気をつけて。
では、またね。ごきげんよう。

This entry was posted on 2024年3月8日.