10/10(日)

こんにちは。休日如何お過ごしですか?
私は、のんびりしております。良い感じです。

お客様や友人から「どうやって不動産会社を見つけたの?」「どうやってお仕事先の保育園を見つけたの?」と聞かれる。
私の答えは「すべてが私の<間違え>から始まったんです」。

私は<アナログ>の人間だ。ネットに自分の個人情報を入れて、何かをすることに怖さを感じている。
昔、むかし<聖子姉さん>のカウントダウンコンサートのチケットをネットオークションで2回買っただけだ。
そんな私が8月の初めに「家は幾らぐらいで売れるんだろう」と思った。大手不動産会社の<査定>画面を開いた。
初めてのことだ。個人情報を全て入れてはみたものの「やっぱり やめよう」と<キャンセル>だか<送信しない>だかを<ポチ>したつもりが・・・<送信>で行っちゃった。そしたらスマホが鳴る鳴る・・・私、知らなかったのよ。
電話に出ると「査定に伺います」ていう名も知らない不動産会社からのもの。この速さに仰天した。
一本目の電話に私は「ごめんなさい。間違えて送信してしまいました」てお詫びしたの・・・この不動産会社は感じが悪くてね。
2本目の電話・・・とても感じが良かった。「会社の所在地はどちら?」と「あなたのお役職はなに?」と聞いてみた。
「会社は○○駅前で、小さいですが社員を6名抱えています。僕は代表取締役です」と返ってきた。
私の住まいから程近い所に会社がある・・・地元のことがよくわかっている・・・と思った。<代表取締役>には決定権があり、全てにおいて話が早い。「自転車でこれから伺えます。一度、査定だけでも如何でしょうか?」と言う。
私は「<査定>だけよ」と<彼>に来て貰うことにした。

彼は<築28年>の我が家の綺麗さに驚いていた。「綺麗にお使いですね」と驚いていた。
全てを見せた。バルコニーの眺望も素晴らしいと言う。
私は自分からは<お金>の話をしない性格だ。黙っていた。<彼>が<仲介>と<お買取り>金額を声にした。
<お買取り金額>に私は仰天した。このマンションを売った人の<売却金額>を噂で幾つも聞いていた。購入時の1000万円落ちが当たり前だった。ところが・・・私は500万円落ち・・・信じられなかった。
「この金額に嘘はない?書面を交わさなくても揺らぐことはない?」と聞いた。「確定します」と返ってきた。
「後日、連絡します。○○社長が<確定>と言ってくださった・・・私もお約束します。他の不動産会社の電話にはでない。他の不動産会社に査定を依頼しない。<あなた>にお願いする」と伝えた。

その後にすぐにお客様で10階を数年前に売却したN様にお電話をかけた。一連のことを伝えた。
N様が言った。「私のところは1000万円落ちだった。そのお話が本当なら凄く良いお話よ。うちは大手が安心と思って<住○不動産>で売却したけど・・・間違えだったと思ってる」と。「凄いお買取り金額だと思う」と。

ここから<不動産売買計画>が始まった。<彼>に「お互いがwin win にならないとならない。失敗は許されない。あなたを信じる」と伝えた。<彼>はフットワーク軽く、よく私に付き合ってくれた。

サロンを〆るには新たな<生業>が必要だ。ネットで<調理師求人>と検索した。
<応募>にはやっぱり<個人情報>を入れないとならない。情報を入れてはみたものの・・・怖いなって・・・違う方法があるはずだと<キャンセル><送信しない>を<ポチ>したつもりが行っちゃった。

後日、応募会社からお電話を頂いた。面接日時が決まった。
面接で本社に行き・・・きちんとした会社だと感じた。面接管もきちんとしていた。
その場で<採用>が決まる。入社研修と<健康診断>に後日、出かけた。会社指定の<健康診断>クリニックの素晴らしさに驚いた。<区の健康診断>で行く<町のクリニック>とは大違いだった。「きちんとした会社なんだ」と思った。
そりゃそうだ<○○区立の保育園>に業務委託されるには、きちんとした企業でなくてはならないのだから。
私の不安が消えた。この会社を信じようと思った。

アナログの私の<ポチ>間違いで全てが動き出し、結果・・・全てが私の望み通りになった。
引越しに向け、4年前の<チーム>が集まる。引越し業者の当時の営業担当の○○君に電話をかけた。
お世話になった工務店の社長にも連絡を取った。助けて貰える・・・本当に心から感謝なのだ。

嘘みたいなホントのことが起きるのよ。
この一連のできごとのなかでね・・・私は<亡き母>を傍に強く感じていた。
<神様はいるんだ><お母様は間違いなくいる>って感じない日がなかった。
<見えない力>は間違いなくある。

これで、<どうやって?>のお答えになったかしら?

間もなくお昼・・・<ナポリタン>を作ることにします!昔ながらの<喫茶店>に負けてたまるか!

ごきげんよう。

追伸;保育園でのお仕事が決まったとお客様のT様に伝えると・・・「<制服>を入れるのに使って」とお手製のパッチワークバックを送ってくださった。サイズもバッチリ!「大切に使わせて頂いております」と制服の入ったバックの写真をlineで送った。
「軽井沢の別荘に居るから、お時間があれば何時でもいらっしゃい」と返信を頂いた。
「ありがとうございます」と返した。
保育園は週3日だけど・・・残念ながら・・・役所に行ったり、引越し見積もりに<油圧ベット>の回収があったりと用事があるから・・・伺えない。でも、こうして変わらずに温かいお気持ちを頂けることに心から感謝しております。

This entry was posted on 2021年10月10日. Bookmark the permalink.